スポンサードリンク


リモート接続の代表的なソフトウェア「TeamViewer(チームビューアー)」とその他リモート デスクトップソフトを比較

TeamViewerとは

TeamViewe

スポンサードリンク

TeamViewerはインターネットを経由し、遠隔地にあるパソコンをリモート操作することのできる代表的なソフトウェアです。

このようなソフトは、一般的には『遠隔操作ソフト』あるいは『リモートデスクトップソフト』と呼ばれています。

スポンサードリンク

TeamViewerは遠隔操作以外にも様々な機能を搭載していますが、一番の特徴は、パソコンを利用する上で口頭では説明しづらいことも、様子を相手に確認してもらうことが可能なことです。

TeamViewe

「遠隔操作ソフトをインストールするのはちょっと…」と、拒否反応を示す方もいるかもしれませんが、TeamViewerの場合は操作される側がソフトをインストールしなくても使うことができます。

それを伝えることで相手側に安心感を与え、サポートの際にスムーズな解決を図れるのが、TeanViewerが他のソフトと違う点でもあります。

今回はTeamViewerの導入方法、遠隔操作までの手順、インストールせずに使うための方法までをご紹介しましょう。

【PR】複数名での共有ならGMOの「どこでもLAN」

個人は無料で利用可能

TeamViewe

TeamViewerは個人使用に限り、無料で使用することができます。

会社など法人で使用する場合にはソフトの使用料を支払う必要がありますが、実際にTeamViewerが動作するかどうかは、それぞれの環境で調べなくてはなりません。

個人使用なら無料のTeamViewerなら、充分にテストしてから導入することも可能です。

TeamViewe

無料ソフトの場合は、機能性がイマイチと思っている人もいるかもしれません。

しかしTeamViewerは遠隔操作以外にも、サポートに欠かせないファイル転送機能、文字チャットによるメッセージの送信など、一通りの機能が備わっています。

マウスカーソルの表示非表示を切り替えたり、スムーズな転送を行うために相手側の壁紙を非表示にして、遅延を少なくする機能も有しています。

安全性について

TeamViewe

セキュリティ面では、TeamViewerでは遠隔操作の際にRSA秘密鍵/公開鍵交換などを用いて、httpsやSSLに匹敵した安全性を確保しています。

さらに安全性を確保したい場合は、2段階認証を使用するのがおすすめです。外部からのアクセスに対し充分なセキュリティを維持することができます。

TeamViewerは、リモートデスクトップソフトとしては古株に入ります。

ドイツに本社のあるTeamViewer GmbHは2005年に設立され、TeamViewerのソフト自体も、世界200以上の国々で、延べ200,000,000以上もインストールされています。

歴史も長く、非常に利用者も多いソフトウェアなので、安心して使うことができるでしょう。

もちろん日本語にも対応しています。海外製のソフトウェアでありながら使用のハードルが低くなっていることも、TeamViewerが日本で重用されている理由の一つとなっています。

リモートデスクトップソフトはTeamViewerに限らず、ほとんどのものが『遠隔操作する側』が『遠隔操作される側』からIDやパスワードを教えてもらわない限り操作することができません。

知らないうちに勝手に遠隔操作される…という心配は起こらない仕組みなので、ご安心ください。

また、前に教えてもらっていたIDとパスワードで再接続しようとしても、TeamViewerは接続を終了する度にパスワードがリセットされる仕組みです。

常に新しいパスワードが生成されますので『かつてパスワードを教えた相手からこっそり操作される』という事態も防げるようになっています。

ダウンロードとインストール

TeamViewe

TeamViewerを利用する際は、ダウンロードページから利用したいOSを選んでダウンロードしましょう。

TeamViewer公式サイト/ダウンロード
https://www.teamviewer.com/ja/download/windows/

上記リンクはWindows版のダウンロードページですが、上部各端末画像をクリックすることで、Mac、Linux、ChromeOS、Android、iOS、モバイル用Windows、BlackBerry版のTeamViewerをダウンロードすることもできます。

今回はWindowsを例にご説明しましょう。

『TeamViewerをダウンロード』という緑のバナーをクリックすると『TeamViewer_Setup.exe』というファイルがダウンロードできます。

インストール画面が表示されると『インストール』『インストール後、このコンピューターをリモート制御』『実行のみ』と、そのTeamViewerの用途選択が表示されます。

まずは『インストール』を選び、TeamViewerの用途は『個人/商用以外』を選びましょう。

最下部の『詳細設定の表示』にチェックを入れると、インストールする場所やリモート印刷、VPNの使用の可否を選択できますが、お試しであればそれらにチェックを入れる必要はありません。

遠隔操作をされる側に必要なこと

TeamViewe

TeamViewerを開くと、表示されたウィンドウ内に『使用中のID』『パスワード』として、それぞれ9桁と4桁の数字が表示されます。

各数値を、遠隔操作してもらいたい相手に電話やSkypeなどで伝えます。

遠隔操作をする側に必要なこと

TeamViewe

ウィンドウ内の右側『リモートコントロール』が選択されていることを確認し、上部『パートナーID』と書かれている箇所に、教えてもらったIDを入力して『接続』を押します。

パスワード入力画面に遷移しますので、教えてもらった『パスワード』を入力しログオンしましょう。

接続に成功すると、相手のデスクトップ画面が表示されます。

この際、自分と相手のパソコンの壁紙が真っ黒に表示されることがありますが、これは通信量を抑えるために、あえて黒色で塗りつぶしているためです。

壁紙を表示させたい場合は、上部メニューバーの『表示』>『壁紙の非表示』のチェックボタンを外せば、壁紙が表示されるようになります。

遠隔操作をしている最中に、遠隔操作をされている側が「実際のマウスの動きを見たい」と希望する場合もあります。

その際は、メニューバーの『リモートカーソルを表示』にチェックを入れることで、相手側からもマウスカーソルが見えるようになります。

壁紙やマウスカーソルを表示させる設定は、少ないながらも通信量が増加します。ネットワークの速度が極めて遅い環境だと、操作に遅延が生じる場合もあります。

相手側パソコンのトラブルの解消や操作方法の説明に、壁紙やマウスカーソルの表示が必須ではない場合は、チェックボックスを外してオフにしておく方が良いでしょう。

その他のリモートデスクトップソフト

・AnyDesk

シンプルで高速なリモートデスクトップ操作ソフトです。

リモート接続は相手に“AnyDesk アドレス”を教えてそれに接続してもらうだけ。

接続を受け入れる際は、接続の許可・拒否を選択するダイアログが表示されるので勝手に接続されることはありません。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/anydesk/

 

・Chrome リモートデスクトップ

GoogleChromeのアプリより接続するフリーソフトです。クライアント毎に、接続パスワードの管理が必要です。

https://chrome.google.com/webstore/detail/chrome-remote-desktop/gbchcmhmhahfdphkhkmpfmihenigjmpp?hl=ja

まとめ

TeamViewe

例として今回はWindows版での操作方法を紹介しましたが、対応機種の多いTeamViewerなら、各OS毎のアプリを導入することで、異なったOS間でもほぼ同様に遠隔操作が可能になっています。

「百聞は一見に如かず」とは良く言ったものです。言葉の説明を繰り返すよりも、直接見てもらった方がスムーズに相手に理解してもらうことができ、サポートをスムーズに行うことができます。

TeamViewerを上手に利用することで、説明時間の短縮、業務の最適化などが図れるでしょう。


ライター名 :杉田
プロフィール:小規模IT系企業の総務・経理を担当。最新のIT情勢から、これからの企業のあり方、インターネットと社会との関わりかたを俯瞰して見据える。





弊社サービス

関連コンテンツ