スポンサードリンク


オリコカードの種類とサービス内容そのメリットとデメリット

オリコカードとは

オリコカード

スポンサードリンク

オリコカードとは、クレジットカード会員数が992万人を昇り、株式会社オリエントコーポレーションから発行されているクレジットカードです。

決済手段は多様な国際ブランドを選ぶことができ、「JCB」や「VISA」または「Master Card」など、好みで選ぶことが可能です。

スポンサードリンク

オリコカードの最大の特徴は、ポイント還元率が常に1%以上還元されるところです。

今回は、ポイントをはじめとするオリコカードの魅力について迫ります。

オリコカード

おすすめのオリコカードは4種類

オリコカード

オリコカードにはいくつもの種類がありますが、今回はおすすめのカードを4種類ご紹介します。それぞれのカードにより特典が違います。

オリコカード ザ ポイント

1つ目は「オリコカード ザ ポイント」です。年会費永年無料のクレジットカードです。

オリコカード

一般的なクレジットカードですと年会費がかかりますが、こちらは無料でさらに様々な特典が付与されます。オリコカードを初めて持つ人にはおすすめの1枚と言えます。

「オリコカード ザ ポイント」の特典内容としては、まず入会後6ヶ月間はポイント還元率2%(最大5,000ポイント)オリコモール利用でプラス0.5%のポイントを特別加算されます。

上手に利用すれば、ポイント還元率が1.5%から2%程度まで可能となっています。

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド

2つ目は「オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド」です。

オリコカード

先ほど紹介した「オリコカード ザ ポイント」と比べると年会費がかかりますが、その分多くの優遇サービスを受けることができます。

年会費は1,950円です。ゴールドカードとしては年会費は安い印象がありますね。

「オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド」の特典内容としては、優遇サービスのOrico Offに入会が可能、オリコモール利用でプラス1%分のポイント特別加算されます。

さらには、電子マネーiDとQUIOay利用で0.5%分のポイントを特別加算、SPリボ特典で0.5%分のポイントも特別加算されます。

ゴールドカードとはいっても空港ラウンジ特典はありません。ですが、Orico Offに入会することによって、国内外の有名ホテルや温泉旅館の宿泊料金が優遇価格になります。

オリコカード ザ ワールド

3つ目は「オリコカード ザ ワールド」です。海外旅行や出張に特化したクレジットカードです。

オリコカード

国際ブランドに関しては、海外で利用できるMasterとVisaに対応しています。年会費は9,800円と他のカードより高めですが、海外に頻繁に行かれる方はこちらのクレジットカードがおすすめです。

「オリコカード ザ ワールド」の特典内容としては、基本ポイント還元率が1%、海外で利用した分は2%の還元率、海外旅行保険が最大5,000万円保証されます。

空港ラウンジも無料で利用でき、国内主要空港とハワイ、ホノルル、韓国の仁川にて利用が可能となっています。

また、海外のレンタルWi-Fiや携帯電話、コート預かりサービスを優待価格で利用することができます。

オリコカード ザ プラチナ

4つ目は「オリコカード ザ プラチナ」です。

こちらは年会費が20,000円と、他社のプラチナカードに比べればコストパフォーマンスが良いクレジットカードです。

オリコカード

国際ブランドはMasterのみとなっています。2016年に新登場した、オリコカードの中でも比較的新しいクレジットカードです。

「オリコカード ザ プラチナ」の特典内容としては、24時間365日対応のコンシェルジュサービス、誕生日月にポイント還元率が1%、海外旅行保険が最大1億円保証がついてきます。

さらに、Masterカードサービスの「TASTE OF PREMIUM」を利用することができます。

「オリコカード ザ プラチナ」が魅力的な点は、コスパが良いところと、プラチナカードなのに自分から申し込みができるところです。

オリコカードのメリット

オリコカード

オリコカードを持つメリットは、まず第一に挙げられるのは年会費永年無料であること、かつ、カードのポイントがいつでも最低1%は還元されることです。

年会費が必要なゴールドカードやプラチナカードに比べると、通常のカードはポイント還元率は少ないものの、頻繁にクレジットカードを利用する人には嬉しい特典ですね。

また、ETCカードの年会費も無料です。ETC利用の際もポイント還元され、100円ごとに1ポイントが還元されます。

買い物の際にはポイントアップサイトのオリコモールを利用すると、通常のカードでも還元率が2%以上になります。

例えばオリコモールからAmazonや楽天などの通販サイトを経由すると、通販サイトでもらえるポイントに加え、オリコポイントも0.5%プラスされます。

つまりオリコモールを経由して買い物をするだけで、常にポイント還元率が2.5%以上になるということです。

オリコカード

オリコポイントが貯まったら、すぐにオンラインギフトやポイントに交換することができるのも、オリコカードを作る上でのメリットと言えます。

他社のクレジットカードでは貯まったポイントをギフトなどに交換するのに約1週間以上の時間を要します。しかし、オリコカードならすぐに交換が可能です。

欲しい!と思ったときに、すぐ使えるところは非常に大きなメリットですね。

オリコポイントからすぐに交換できるギフトは、Amazonギフト、iTunesギフトコード、Tポイント、LINEギフトコードなど色々です。

ギフト系の交換を申請するとオリコからメールが届き、そのメールにコードが記載されています。後は、そのコードを使って買い物をするだけです。

他にも交換できるものとしてはANA・JALのマイレージや楽天スーパーポイント、dポイント、WAONポイントなどに交換することが可能です。

オリコカード

オリコカード ザ ポイントでは電子マネーのiDとQUICPayが標準搭載されています。

電子マネー機能があることによって、少額でもクレジットカードの使用がしやすくなるので、非常に便利な機能です。決済もカードをかざすだけなので、簡単に買い物ができます。

支払い請求はオリコカード ザ ポイントでまとめることができ、さらにオリコポイントも貯まります。現金を持ち歩く必要がなく、スマートに買い物することができますね。

オリコカード

さらにオリコザカードはApple Payにも対応しているので、iPhone7以降やApple Watchを持っている人はオリコカードザ ポイントと連携しておくだけで、スマホのみの決済も可能です。

もちろんApple Payでもポイント還元されますので、Apple Payに対応しているスマホがあれば、オリコカードをさらにお得に利用することができます。

オリコカードのデメリット

オリコカード

オリコカードを作る上でのデメリットについても確認しておきましょう。

まず注意しておかなければならないのは、年会費永年無料のオリコカード ザ ポイントの場合は、海外旅行保険の付帯がないことです。

旅行や出張で海外によく行く人は、通常のオリコカードではなく「オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド」または「オリコカード ザ ワールド」を選択することをおすすめします。

海外旅行保険付帯のカードを1枚持っているだけで、トラブル際には死亡後遺症障害5,000万円や携行品障害100万円(1個につき上限は10万円)など、手厚いサービスを受けることができます。

万が一の備えとして、安心して旅行が楽しめるでしょう。

もうひとつの注意点は、貯めたポイントの有効期限は1年間であることです。さらに、ポイント交換は最低500ポイントからしか行なえません。

つまり1年間に500ポイント以上貯められる人でないと、ポイント還元の魅力を享受できないことになります。

オリコカードを持つならば、ポイントアップ策をフル活用して、日常の細かい買い物にも積極的にクレジットカードを利用していった方が良いでしょう。

まとめ

オリコカード

今回は、さまざまな魅力を持つオリコカードについて、種類やメリット・デメリットをお伝えしました。

多くのクレジットカードの中でも、常にポイント還元がついてくるオリコカードは、持っていて損はないカードだと言えます。

クレジットカードの追加や見直しを考えている人は、オリコカードも検討してみてはいかがでしょうか。

オリコカード

オリコカード公式サイト
https://www.orico.co.jp/


ライター名 :杉田
プロフィール:小規模IT系企業の総務・経理を担当。最新のIT情勢から、これからの企業のあり方、インターネットと社会との関わりかたを俯瞰して見据える。





弊社サービス

関連コンテンツ