Indeed(インディード)を使って採用の幅を広げる

求人に特化した検索エンジンIndeed(インディード)

Indeed


企業の人事担当なら、一度はIndeedの名前を耳にしたことがあるでしょう。

Indeedは、求人に特化した検索エンジンです。企業側・求職者側の双方ともに、無駄な情報に邪魔されることなく求人に集中できるという利点があります。


ですが、Indeedがどんなものか分からず、実用にまで至らない企業担当者も多いと思われます。

そこで今回はIndeedを利用した求人と、人材確保に成功する求人広告のポイントについて解説します。

Indeedで出来ること

Indeed

Indeedは、求人情報だけを検索して表示することができる検索エンジンです。

検索エンジンと聞くと、まずはGoogleを連想しますが、Google検索では、雑多な情報がまとめて表示されます。それに対し、Indeedは求人広告のみが表示されるのが特徴です。

求職者としても、目指す情報に行き着くスピードが早くなるので、スピーディな応募が可能になります。

圧倒的な掲載数

Indeed

Indeedは正社員、期間、派遣、アルバイト、あらゆる求人を検索することができます。

インターネットハローワークや求人検索サイト、求人用の有料ペーパーなどの情報が、すべてIndeedに集約されています。

情報をひとつにまとめることで無駄を徹底的にはぶき、企業側も求職者側も、欲しい情報をすぐに見つけられます。

一般的な検索エンジンは、商品やサービス等の情報が上位に出てしまうことで、企業情報などが見つけにくくなることが多々あります。

Indeedはスマートフォンの普及でインターネットが日常になった世代にとっても、簡単に欲しい求人情報を引き出せる検索エンジンです。

ハローワークなどよりも雇用につながりやすいことや、自宅や外出先の空き時間で閲覧できることから、利用者が爆発的に増加しました。

Indeedを求人に活用する企業のメリット

Indeed

Indeedを活用する企業のメリットは、求人情報が一本化できることで、お互いのニーズに合った求人と雇用を結びやすくなる点です。

情報数が多いことは、ユーザーがアクセスする確率アップにつながります。そのため、常にフレッシュな人材を確保することが可能です。

Indeed自身がSEOを行っているので、企業は広告を作るだけで良く、業務の効率化ができます。

ユーザーが求める求人が多いほど上位に表示される

Indeed

従来の求人情報サイトは、企業が求人広告のランクを高いランクにすることにより、検索結果の上位に自社求人広告を表示させるようなシステムが主でした。

対して、Indeedは閲覧される数が多い求人広告が検索結果の上位に掲載されるシステムになっており、従来の求人情報サイトとは、全く違った形式になっています。

Indeed

Indeedは無料で求人を出すことができる

一般的な求人情報サイトに求人広告を掲載する場合、ほとんどのサイトでは費用がかかりましたが、Indeedは無料で求人広告を掲載することが可能です。

無料枠で出来る範囲は有料よりも限りがありますが、Indeedがどのようなものか不明な場合は、無料で試してみてから有料に切り替えることもできます。

このシステムは画期的と言えるでしょう。

Indeed

無料でIndeedに求人広告を掲載することで、自社企業の求人がどのくらいユーザーにコミットするかを検証することができます。その後に有料プランに推移した後でも、効率的な人材募集が可能です。

求人ページを作る際におさえたいポイント

Indeed

以前にIndeedで人材募集をしたけれど、あまり反応がなかった。そういう感想はよく聞かれます。

実際、Indeedは100~200のクリックで、実際の応募につながるのは1~2程度あれば上出来だと考えても良いでしょう。

掲載した広告があまりにもシンプルだと、ユーザーは興味を持たず、他の企業に移動してしまいます。

自社の魅力的な部分を、求人広告でもしっかりアピールしましょう。

検索キーワードを文章に盛り込む

Indeed

Indeedはロボットエンジンです。ユーザーが検索するワードがあれば、その企業を検索結果に表示してくれます。

募集要項などの最低限の情報はもちろんのこと、業務の内容や職場の雰囲気、どんな仕事をしてもらうかなど、求人に関連するキーワードを追加するだけでも、検索数は大きく引き上げられます。

ユーザーにクリックされるようになれば、その後は自動的に検索上位に反映されるようになります。

Indeedに求人情報を掲載する際には、検索されやすいキーワードを盛り込みながら、ユーザーの目に留まりやすい求人広告を作っていくことが大事だと言えるでしょう。

自社のサイトや採用情報のリンクをはる

Indeed

Indeedはパソコン・スマートフォン・タブレットの全てで閲覧が可能ですが、中でもスマートフォンやタブレットからの閲覧が非常に多くなっています。

ユーザーが他の企業に離脱するのを逃がさないためにも、Indeedの求人広告内には自社サイトのURL、採用情報ページのURLなどをリンクで遷移できるように設置しましょう。

Indeed内の限られたスペースではアピールしきれない情報なども、自社サイトの採用情報ページで補足しておくことで、応募に至る確率も上がります。

リンクを設置する場合、トップページよりも前に採用情報ページを持ってくることで、より求職者に採用しやすい状態を作ることができます。

複数のリンクを設置するならば、上に採用情報ページURL、2行ほどあけてトップページURLとするのがベストです。もしくは採用情報ページURLだけでもいいでしょう。

Indeedは無料でもしっかりと効果が出せる

Indeed

上記で説明したように、いくつかのポイントを押さえながらIndeedの求人広告を活用するだけで、コストを抑えながら人材募集が可能になります。

急いで人材を探したいときや、フレッシュな人材が欲しい場合には、ひとまず無料でIndeedに求人広告を掲載してみることをおすすめします。

求人に特化させた検索エンジンという意味でも、Indeedは非常にユニークです。画期的で、企業にも求職者にも利便性が高い試みと言えます。

多くの企業が、Indeedでの人材確保に乗り出しています。

無料でもしっかりと効果を出すことができる。それがIndeedです。

Indeed

indeed公式サイト/求人掲載
https://jp.indeed.com/hire


ライター名 :杉田
プロフィール:小規模IT系企業の総務・経理を担当。最新のIT情勢から、これからの企業のあり方、インターネットと社会との関わりかたを俯瞰して見据える。





弊社サービス

関連コンテンツ