サービスカテゴリ

サービスカテゴリ

法人・個人向け

法人・個人向け

価格帯

価格帯

サービス対応

サービス対応

無料で使えるWindows用画像ビューアー5つを比較しました

画像ビューアーごとに使える機能が丸分かり

画像ビューアー

画像ビューワー(画像の閲覧ソフト)には様々なものがありますが、そのソフトによってできることがかなり違います。

今回は無料で使用できるフリーソフトに限定し、各ソフトで対応している主な画像形式や、ビューアーが持つ機能などを箇条書きで紹介してみたいと思います。

IrfanView

画像ビューアー

対応OS

Windows 95/98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008

対応画像形式

BMP、JPG、GIF、PNG、MNG、ICO、PSD、TIFなどメジャーな形式はもちろん、PICT(Mac)やMAG(PC-98他)などのマイナーな画像形式、EXE、DLLに含まれるアイコンリソースも表示可能

AVI、WMV、MPGなどの動画

MP3、WAV、MIDなどの音声

標準で100種類以上の画像、動画、音声の再生が可能

プラグインを導入することで上記以外の画像、動画、音声も表示&再生可能

日本語

別途ランゲージファイルの導入が必要
https://www.irfanview.net/languages.htm

上記URLからirfanview_lang_japanese.zipを別途ダウンロードし、[IP_Japanese.lng]と[Japanese.dll]をIrfanViewをインストールした先のLanguagesフォルダへコピーする

exe形式の[irfanview_lang_japanese.exe]を利用した場合、IrfanViewの標準インストール先を変更していない場合に限り自動インストールも可

機能

テキスト表示

画像形式変換、一括変換が可能

サムネイル表示

スライドショー

Exif、IPCT情報の参照、消去、

Exif内のGPS情報からGoogle Map、OpenStreetMapの地図情報を表示

画像ビューアー

編集

トリミング

画像サイズ変更

回転・反転

パノラマ画像作成(画像同士の連結)

色調補正

フィルター(モザイク、セピア、メディアンフィルター、赤目補正など)

ウォーターマーク挿入

簡易ペイントツール呼び出し(図形描写、塗りつぶし、文字入力など)

特徴

およそ画像に関するありとあらゆる事がこのソフト一つで可能

インストールファイルも3メガバイト程度と非常にコンパクト

プラグインの導入で更に多くのファイルを表示可能

IrfanView公式サイト
https://www.irfanview.com/

XnView

画像ビューアー

対応OS

Windows XP/Vista/7/8/8.1/10 MacOS X, Linux系ディストリビューション

対応画像形式

BMP、JPG、GIF、PNG、ICO、PCX、TIF、RAW他400以上の画像形式を表示可能

日本語

標準で日本語対応

機能

スクリーンキャプチャ

スライドショー

高画質JPEGへの変換

サムネイル表示

画像ビューアー

編集

トリミング

回転(時計、反時計回り90°ずつ)

上下、左右反転

明るさ、コントラスト、ガンマ補正

フィルター(赤目補正やモザイクなど)

Exif情報

特徴

画像の管理や整理に特化した閲覧ソフト

あらかじめ登録したフォルダへ選択した画像を振り分けなどが可能

OSを限定しないマルチプラットフォーム展開が特徴

XnView公式サイト
https://www.xnview.com/en/

FastStone Image Viewer

画像ビューアー

対応OS

Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

対応画像形式

BMP、CUR、GIF、ICO、JPEG、JPEG2000、PNG、PSD他各デジタルカメラメーカー独自形式(CRW、CR2、ORF、RAF、RW2など)のRAWデータにも対応

動画は一部コンテナ(mp4など)に限り対応

日本語

別途日本語化パッチの導入が必要
http://tiltstr.seesaa.net/article/125999663.html

上記サイトよりダウンロードしたFSIV_v○.○jp.zipに含まれている実行ファイル(FSIV_○.○jp.exe)をFastStone Image Viewerをインストールしたフォルダに置き実行することで日本語化

(○.○にはバージョン番号が入る)

機能

スクリーンキャプチャー(範囲指定、ウィンドウ、全画面)

目視による画像の比較(同時に2つあるいは4つ)

スライドショー(BGM付与も可)

画像形式変換

一括リネーム

サムネイル表示

画像ビューアー

編集

リサイズ

トリミング

テキスト、吹き出しの挿入

Exif情報参照、削除

特徴

名前の通り軽快な動作が特徴

インストールせずにUSBメモリなどに入れて運用可能なポータブル版も配布

FastStone公式サイト
http://www.faststone.org/FSViewerDownload.htm

Apowersoft画像ビューアー

画像ビューアー

対応OS

Windows XP/7/8/8.1/10

対応画像形式

BMP、GIF、HEIF(Mac iOS11、Win10採用新規フォーマット)、ICO、JPEG、PNG、SVG、TIFF、WMPhoto

日本語

標準で対応

機能

スクリーンキャプチャー&編集

スライドショー

お気に入り機能

サムネイル表示

画像ビューアー

編集

直線、矩形、矢印などの描画

吹き出し挿入

テキスト

塗りつぶし

フィルター(色反転、ぼかし、シャープ)

ペン先変更

矩形選択

特徴

対応画像形式は少ないが、シンプルで使いやすい画像ビューワー

編集機能はIrfanViewより多く、Windows10標準のペイントツールとほぼ同等のことが可能

Apowersoft公式サイト
https://www.apowersoft.jp/photo-viewer

Honeyview

画像ビューアー

対応OS

Windows XP/Vista/7/8/10

対応画像形式

BMP、JPG、GIF、PNG、PSD、DDS、JXR、WebP、J2K、JP2、TGA、TIFF、PCX、PGM

各社デジタルカメラのDNG、CR2、CRW、NEF、NRW、ORF、RW2、PEF、SR2のRAW画像にも対応

日本語

標準で対応

機能

Exif情報内のGPS情報を参照しGoogle Mapを開いて撮影地点の地図表示が可能

スライドショー

ブックマーク(お気に入り)機能

画像形式変換

画像ビューアー

編集

回転

リサイズ

Exif情報を参照して写真を撮影時の方向に自動回転

指定画像エディタへの画像受け渡し

特徴

『Apowersoft画像ビューアー』同様シンプルで軽快な動作
zip、rar、7z、lzh、tarなど主要なアーカイブファイルにも対応

展開することなく中にある画像の表示が可能

インストール不要のポータブル版も有り

Honeyview公式サイト
https://www.bandisoft.com/honeyview/

まとめ

前者3つ『IrfanView』『XnView』『FastStone Image Viewer』はどれも多機能で、画像の表示、変換、整理、既存画像にフィルターをかけるなど、大抵の要求には応えてくれます。

関連付けも行えますが、ファイラー要素も強いため、単独で起動した方が使いやすい場面が多い画像閲覧ソフトと言えるでしょう。

後者2つ『Apowersoft画像ビューアー』『Honeyview』はシンプルで分かりやすい操作方法が魅力的なソフトです。

「Windows標準の画像ビューアーでは少し物足りない」「もっと快適に閲覧できるソフトが欲しい」という人向けには適切です。

前者に比べると機能は少ないですが、その分操作に迷うことも少ないでしょう。

初めて個別の画像ビューアーを使うなら、圧縮ファイルにも対応している『Honeyview』が、万能さを求めているのであればプラグイン導入で機能の拡張ができる『IrfanView』がおすすめです。


ライター名 :杉田
プロフィール:小規模IT系企業の総務・経理を担当。最新のIT情勢から、これからの企業のあり方、インターネットと社会との関わりかたを俯瞰して見据える。




弊社サービス

関連コンテンツ