サービスカテゴリ

サービスカテゴリ

法人・個人向け

法人・個人向け

価格帯

価格帯

サービス対応

サービス対応

オンライン決済サービスPayPalとは

世界で2億人以上が利用するオンライン決済サービスPayPal

PayPal

PayPalとは、世界で2億人以上が利用するオンライン決済サービスです。青と水色のグラデーションで「PayPal」と書かれたロゴが掲示されている店舗で利用することができます。

Playstation Storeや、Nintendo Shopなどのゲーム会社、Hulu,Netflixといった動画視聴サイト、さらにはSkipe、YAMADAなど、さまざまな分野での決済に利用が可能です。

アカウントの開設料も年会費も無料で、国内支払いに限り手数料も無料の、お得な決済サービスとなっています。但し、外貨で支払いを行う場合には為替手数料が必要となります。

PayPalの特徴やメリット

PayPal

お買い物をするときにクレジットカードで決済をする場合には、クレジットカードの裏面に記載されているCVC/CVV番号や、他の個人情報を開示しなければいけませんでした。

しかしPayPalでの支払いなら、それらが一切必要なく、PayPalのアカウントとパスワードのみで決済が出来るのが特徴です。

個人情報流出がさわがれている昨今、クレジットカード番号を買い物のたびに開示しなければならないのは、その都度に個人情報が流出する危険性とも隣り合わせです。

そう言った危険性を可能な限り少なく出来るように、PayPalでは独自に個人情報の保護管理や悪用への監視を行っています。安心して買い物ができるのは大きなメリットですね。

PayPal

PayPalを利用できるお店で買い物をする時は、PayPalへログインするだけで支払いが完了するのですから、安全と簡便性が合わさって手間が少なくなります。

PayPalに登録するには

PayPal

PayPalを利用する為に必要なのは、メールアドレス、住所や氏名などの個人情報、クレジットカード情報です。

使用できないドメインもありますので、メールアドレスを登録する際にはフリーメールのGmailを利用するのがおすすめです。

使用できるクレジットカードはVISA、MasterCard、American Express、JCBの4種類です。

アカウントは、自分がショッピングをする時にだけ使用できる「パーソナルアカウント」と、ECサイトでの販売、支払いの受け取り・請求処理ができる「ビジネスアカウント」の2種類が存在します。

自分でお買い物をするだけの人ならパーソナルアカウント、個人輸入などで事業展開を考えているのならビジネスアカウントを取得しましょう。

PayPal

ここで注意しなければいけないのは、名前や住所を日本語で登録してしまうと、買い物をした時に相手に表示される情報が文字化けして、トラブルの元になることです。

住所の変更は登録後でも簡単にできますが、氏名の変更は煩雑な手続きが必要なので、日本語での登録は避けたほうが無難です。

サイトの言語をJAPANESEからENGLISHに変更して、ローマ字で登録を行いましょう。

PayPal公式サイト/新規登録
https://www.paypal.com/jp/

PayPalは買い手寄り

PayPal

インターネットで買い物をした時に発生するトラブル、例えば商品が届かない、間違った商品が届いた等の問題は、国内でのショッピングでも、海外輸入のショッピングでも付き物です。

PayPalではそのようなトラブルに関して、手厚い保証をしてくれます。

元々買い手寄りのスタンスを取っている会社なので、トラブルが生じた際にはPayPalより異議を申し立て、それでも解決しない場合、クレームへとエスカレートさせることが出来るようになっています。

ほとんどの場合、買い手と売り手のやり取りで解決できるトラブルでしょうが、いざという時にPayPalが味方に立ってくれることで、トラブルにも安心して対応できます。

PayPalのデメリット

PayPal

しかし、そんなPayPalにもデメリットは存在します。例えば、リボ払いなどができない点です。

基本的に支払い方法は一括のみなので、カード限度額などの兼ね合いで分割支払いをしたい場合には難しくなります。

分割支払いの方法もあるにはあるのですが、全ての買い物や全てのクレジットカードに対応している訳ではありませんので、原則、一括支払いとなります。

さらに、国内での買い物ならかからない手数料も、外国の通貨で支払いをする場合は為替手数料が必要になります。為替手数料はおよそ4%です。

通常のクレジットカード決済をした場合の為替手数料が1.6%~2.0%ですから、約2倍もの費用がかかることになりますね。

PayPal分割支払いも手続きによっては可能になるのと同じように、PayPalの為替手数料をクレジットカード会社の為替手数料で済ませる手続き方法もあります。

デメリットは確かに存在しますが、よく調べればそのデメリットも回避できる場合がありますので、利用の際にはよく確認しておきましょう。

せっかく便利な決済サービスを利用しているのに、知らないままでいることで損をするのはもったいないですからね。

更なるPayPalのメリット

PayPal

これまでPayPalのメリット・デメリットについてご紹介してきましたが、PayPalにはさらに、もう一つのメリットが存在します。

それは、PayPalで決済をした買い物にも、登録しているクレジットカード独自のキャンペーンやポイントなどが付与されることです。

決済はPayPalが管理していますが、実際に使用されるクレジットカードは自分が登録したカードですので、PayPalを使用するたびにカードのポイントが付与されて、よりお得に買い物ができます。

PayPalの利用方法まとめ

PayPal

以上、PayPalに関する様々な点を挙げてきました。

この便利なPayPalは、アカウント作成ページで国籍・メールアドレス・パスワードを入力し、氏名(英語表記)・生年月日・住所・電話番号などの個人情報を入力することでアカウントが作成されます。

これに加えて、支払い用のクレジットカード情報を登録する事で基本的な設定は完了です。

ただし、実際に使う前には、メールアドレスの確認や、住所の英語での再入力等、細々した設定を終了させなければいけません。

認証の実行をしないと使用額に制限がかかったり、買い物が出来なかったりするので、充分に快適な利用をするためには若干の手間がかかるでしょう。

最初にほんの少しだけ面倒な手続きがありますが、それをこなしてから、便利なPayPal決済サービスを堪能してください。

PayPal


ライター名 :杉田
プロフィール:小規模IT系企業の総務・経理を担当。最新のIT情勢から、これからの企業のあり方、インターネットと社会との関わりかたを俯瞰して見据える。




弊社サービス

関連コンテンツ