サービスカテゴリ

サービスカテゴリ

法人・個人向け

法人・個人向け

価格帯

価格帯

サービス対応

サービス対応

セキュリティーソフト「カスペルスキー」と「ウイルスバスタークラウド」を比較しました

インターネットに接続しているかぎり、たえずコンピュータウイルスに感染する危険があります。

その為には、ウイルス対策のためのソフトウェアをコンピュータにインストールしておくことです。

今回、有名なセキュリティーソフトの「カスペルスキー」と「ウイルスバスタークラウド」の特徴を比較しました。

●セキュリティーソフト「カスペルスキー」

Kaspersky カスペルスキー

ロシアのコンピュータ・セキュリティ企業Kaspersky Labがリリースするセキュリティソフトがカスペルスキーです。

情報セキュリティ分野における世界有数のエキスパートとして知られるユージン・カスペルスキー氏によって開発されました。

Windows搭載のパソコンやタブレットに対応し、受信した電子メールやファイルのウイルスの検出や隔離、自動更新などセキュリティソフトに求められるアンチウイルスの機能を搭載しています。

また、カスペルスキーには提供される親が監視して制限する「ペアレンタルコントロール」や「オンライン決済保護」などの機能がついています。

●カスペルスキーに期待できるセキュリティ性能は?

Kaspersky カスペルスキー

カスペルスキーはウイルス、ワーム、トロイの木馬、アドウェア、ダイヤラ―、ルートキットなど数多くの脅威から、パソコンをリアルタイムに保護してくれる常駐型のウイルス対策ソフトとしてリリースされています。

長年に渡って多くの調査機関のテスト結果の上位にランキングされていることからも、カスペルスキーのウイルス検出機能の精度の高さが伺えると言えるでしょう。

近年サイバー攻撃の標的とされる脆弱性への対策など、上位に位置するアンチウィルスソフトとしてセキュリティ対策には有効なものだと考えられます。

Kaspersky カスペルスキー

インターネットの普及は同時に多くの犯罪がネット上で引き起こされることにも繋がり、今やネット犯罪は珍しくなくなりました。

セキュリティソフトは、ネット犯罪を水際で阻止する重要なアイテムとして精度の高さで定評のある「Kaspersky:カスペルスキー」は高いニーズがあります。

●セキュリティーソフト「カスペルスキー」の価格とプラン

Kaspersky カスペルスキー

カスペルスキーは公式サイトではダウンロードで購入でき、アマゾンではパッケージ版を購入してインストールする形になります。

値段はプランによって公式サイトが安かったり、アマゾンが安かったりとまちまちです。公式サイトでも割引キャンペーンがあったりしますので、割引がある際は利用されるといいでしょう。

カスペルスキー公式

1年 1台版(ダウンロード)・・3,980円(税込)

3年 1台版(ダウンロード)・・7,630円(税込)

1年5台版(ダウンロード)・・ 4,980円(税込)

3年5台版(ダウンロード)・・ 12,150円(税込)

https://home.kaspersky.co.jp/store/kasperjp/

 

 ウイルスバスタークラウドとは


今現在、ウイルス対策ソフトウェアはいろいろな会社からさまざまなものが販売されています。

以前ほどではありませんが、それでもソフトウェアごとに〈クセ〉というか、それぞれ特徴があります。

全てのウイルス対策ソフトウェアについて説明することは不可能です。

今回はトレンドマイクロ社の「ウイルスバスタークラウド」について少し解説することにします。

 ウイルスバスタークラウドについて


ウイルスバスタークラウドはトレンドマイクロ(TRND MICRO)社が販売・サポートしているウイルス対策ソフトウェアです。

インストールする前に、ご自分のコンピュータが、Windowsのどのバージョンなのか確かめましょう。

ダウンロード版とパッケージ版の2種類

DVD-ROMディスクのパッケージ版も販売されています。

まず、上記ホームページから「体験版」をダウンロード、インストールして、実際に試してみた後、ライセンスキーを購入するという方法が、より確実だと思います。

ライセンスキーというのは、30日間のみ「お試しで使用可能」という「体験版」の日数制限を解除して、決められた期間(1年から3年)使うことができるようにするためのものです。

もしも、インターネット経由でダウンロード、インストールするのは不安だという方は、前記パッケージ版をお近くの電気屋さんやネット通販などで購入して、同梱されているマニュアルにしたがってインストールしてください。

コンピュータ・タブレット・スマートフォン

パソコンにタブレットに……複数所持でも大丈夫

コンピュータを複数お持ちの方もいらっしゃるでしょう。それ以外に、タブレットやスマートフォンをお使いの方も多いと思います。

ウイルスバスタークラウドは、コンピュータやタブレット、スマートフォンを組み合わせて合計3台までインストールすることができます。

たとえば、1台目は自宅で使うデスクトップコンピュータにインストールして、2台目は出先で使うノートコンピュータに、3台目はAndroid(アンドロイド)のスマートフォンにインストールする、というようなことができます。

その場合も追加の料金は発生しません。

Windowsコンピュータ、Androidタブレットとスマートフォン、アップル社のmacOSコンピュータ、iOSタブレット(iPad)やスマートフォン(iPhone)などを組み合わせて、3台までという制限を超えなければ、最初に購入した時に発行されたシリアル番号が有効です。

したがって、タブレットやスマートフォン用に「ウイルスバスターモバイル」を別途購入する必要はありません。

当然、有効期間内であれば、ウイルスバスタークラウドがバージョンアップしたときも無料でアップグレードできます。

さらに、コンピュータを買い換えたりして再インストールしなければならなくなったときなども課金されることはありません。

ウイルスバスタークラウドのインストール手順

1)トレンドマイクロ社ホームページへ

前記のトレンドマイクロ社のホームページのURLをクリックすると「個人のお客様」のページが開きます。

そのページの左上にある「製品」をクリックしてください。

製品の一覧が表示されるので、その中から「ウイルスバスタークラウド」を選びましょう。

2)「体験版」をダウンロード

表示されたページの中央より少し上、右側にある青色の「製品版を無料で30日体験」をクリックすると「無料体験版」をダウンロードするページになりますので、クリックしてダウンロードしてください。

体験版ではなく製品版が直ぐに欲しい場合

もしも、ここで製品版を買ってしまいたいという方は、画面中央の赤いボタン「他のウイルスバスタークラウドのラインナップを見てみる」をクリックしてください。

表示された画面を少し下の方にスクロールしていくと、「ダウンロード3年版」「ダウンロード2年版」「ダウンロード1年版」と選ぶことができますので、お好きなものを選んで「今すぐ買う」ボタンをクリックしてください。

そうすると、「製品選択 / お客様情報入力」の画面になります。あとはそこに表示される手順にしたがって必要事項を入力してください。

支払い方法を選択して支払いがすむと、入力したメールアドレスに「申込み完了」と「支払い完了」との二つのメールが届きます。

「支払い完了」のメールにシリアル番号が記入してあります。
なお、この二つのメールには大切な事項が記されていますので、大切に保存しておいてください。

3)ソフトのインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、ウイルスバスタークラウドがコンピュータの動作環境をチェックします。何か問題があると警告が出ますが、次に進むボタンをクリックすれば、インストールが始まります。

このステップで、すでに他のウイルス対策ソフトウェアがインストールされていると、アンインストール(ソフトウェアをコンピュータから削除すること)するように警告が出ます。

また、お使いのWindowsが「WindowsUpdate」によってそれぞれのバージョンで最新のものになっていないと、やはり警告が出ることがあります。

その際は、あわてずに画面に表示された警告の文章をよく読んで作業を進めてください。

あとは画面に出てくる指示どおりにコンピュータを操作して、再起動すれば「体験版」のインストールは完了します。

 コンピュータのスキャンをするには


ご自分のコンピュータがウイルスに感染していないかスキャン(検査)するときは、デスクトップにあるウイルスバスタークラウドのアイコンをダブルクリックすると「メイン画面」が表示されます。

真ん中にある緑色の「スキャン」ボタンをクリックするとコンピュータのスキャンが始まります。

ウイルスバスターの値段はキャンペーンなどにより変動しますので詳しくは公式サイトから確認をして頂ければと思います。

トレンドマイクロ(TRND MICRO)社ホームページURL
https://www.trendmicro.com/ja_jp/forHome.html


ライタープロフィール

KEN

大手インターネット業界でシステムエンジニア暦20年。主に外資系企業でのセキュリティーを担当。経験と実績を活かしライターとして質の高い記事を発信




弊社サービス

関連コンテンツ