サービスカテゴリ

サービスカテゴリ

法人・個人向け

法人・個人向け

価格帯

価格帯

サービス対応

サービス対応

Flashを活用したサイトのコンテンツをリサイクルをする方法について

実際にWebコンテンツを作っている人の中には、次の「Adobe(アドビ)が2020年にFlashのサポート終了を発表(http://jp.techcrunch.com/2017/07/26/20170725get-ready-to-say-goodbye-to-flash-in-2020/)」という発表に対して「Fashのコンテンツをどう、新しいサイトにリサイクルしたらいいのか」という疑問を持つ方も多くいます。

ここではここでは、Flash Pro CS6より前の機能で作られた「ActionScriptのFlashコンテンツ」のリサイクル方法を見ていきます。使える方法は以下の通りです。

・デスクトップでスタンドアロンプレイヤーを利用する。

この方法はインターネットを経由せず、自身のパソコンのデスクトップでのみで動かせればいいときに使います。

スタンドアロンプレイヤー(Debug Downloads・http://www.adobe.com/support/flashplayer/debug_downloads.html)は、Adobeが配信している専用のプレイヤーです。

・SWFファイル(外注をしていた場合はこちらが中心となります)や、全てのソースコードが残っている場合は、手元にあるソースを手作業で変換します。ツールを利用して、ファイルの形式を変換していきます。

SWFの場合は専用の変換ツールやサービスを利用するか、データをソースコードに復元する方法を使います。

ソースコードに戻す時は、フリーで使えるデコンパイル用ツールを利用します。flvやActionScriptといった動画を使用していない時は簡単に変換ができますが、これ以外では変換が困難になるか、かなりのコスト増となります。

まずはHTMLに変換する為のソフトを探すところから試してみましょう。

データが全て残っている、完全なSWFが出力できるコードが残っている場合には、Animate CCや手作業でのファイル変換が必要になります。

AnimateCC(https://helpx.adobe.com/jp/animate/how-to/convert-flash-ads-to-html5.html)は簡単なflashであれば、ファイル変換をすることが出来るようです。

手作業で変換する場合には画像ファイルの処理(pngに変換します。

モーフィングアニメーションがある場合は連番で出力しておく必要があります)・音声ファイルの処理(mp3やoggであればjavaScriptで扱いやすくなります)・動画ファイルの処理(mp4であればライブラリ無しでも再生することができます)に変更していくことになります。

ソースコードを手作業で変換する場合ですが、ActionScriptのコードは、JavaScriptに似ています。

簡単なトランスレータを作ることで、TypeScriptに変換する処理は難なくこなせます。あるいは自分で書かなくても、検索すればライブラリがすでにある場合もあります。

画像の処理・音声の処理・動画の処理・その他の処理の4つを行なう必要があり、移植の方針は変換対象となるActionScriptのコードの複雑さで変化させていく必要があります。

画像の処理では、まずCreateJSの機能の呼び出しに変換することができないか調べてみる。

あるいはCanvas内に全て描画するか、上にdivタグを載せて描画した方が良いか切り分けるという点に注意します。

ラスタ画像のみを使う場合はHTML5のCanvasへの描画を新たに追加する、ベクタ画像の場合は対応しているjavaScriptのライブラリを試してみるといいです。

音声の処理は、画像の処理と同様にCreateJSの機能の呼び出しへの変換が可能か調べます。その後はWeb Audio APIの機能を呼び出すものを新たに追加します。

動画を処理する場合はあらかじめFlash Videoを動画エンコードソフトで、mp4形式に変換し、videoタグの機能で処理が可能な範囲を調べます。

その他の処理としては、テキストエリアやコード、flashのアニメーションの修正が中心となります。

flashライブラリを使ったコードがある場合は、同じ機能が使えるライブラリを組み込んで、使用するインターフェイスを統一する必要が出てきます。

変換処理には、金銭的にも労力的にも、かなりのコストが発生します。

特に簡単に使えるツールが無い場合は大幅にコストが上がってしまう上、元々のコンテンツによっては、コンテンツの移植も不可能な場合があります。

その他ソースコードからの移植はエンジニアへの負担がかかってしまいます。




弊社サービス

関連コンテンツ