サービスカテゴリ

サービスカテゴリ

法人・個人向け

法人・個人向け

価格帯

価格帯

サービス対応

サービス対応

スポンサードリンク


Adobeの学生向けCreative Cloudは社会人でも使えて圧倒的にお得!

Adobe学生向けCreative Cloudとは

Adobe学生向けCreativeCloud

スポンサードリンク

Adobe 学生向けCreative Cloudというのは1つのサービスの名前ではなく、Adobe社が提供する様々なサービスの集合体です。

例えばPhotoshop、Illustratorなどの有名なサービスが含まれています。

スポンサードリンク

Adobeの魅力的なサービスを個別に契約するのではなく、Adobe 学生向けCreative Cloudを使って契約すれば、各種サービスともお得に利用できてしまうのです。

Creative Cloudでは何ができるのか

Adobe学生向けCreativeCloud

ではAdobe 学生向けCreative Cloudを契約することで、具体的には何ができるのでしょうか。

Adobe 学生向けCreative Cloudも単一の商品ではなく、さまざまなプランがあります。プランによって値段が異なり、できることも変わってきます。

Adobe学生向けCreativeCloud

1番お得感があるのはコンプリートプランです。

コンプリートプランはPhotoshop、Illustrator、AcrobatなどAdobe社のクリエイティブ商品を全て使うことができ、100GBのオンラインストレージやロイヤリティフリー素材も利用することができます。

コンプリートプランは、創作に最適な環境を全て整えてくれるのです。

Adobe学生向けCreativeCloud

気になる値段ですが、Adobe 学生向けCreative Cloudは買い切りソフトではなく、継続的に課金するタイプの商品です。

初年度は月々払いであれば月々1,980円、年間一括払いなら年に23,760円となっています。

2年目からは少し値上がりし、月々2,980円、年間一括払いなら年に35,760円となります。

普通に申し込むと約60,000円かかる計算になりますので、Adobe 学生向けCreative Cloudのお得さがわかりますね。

Adobe学生向けCreative Cloudを購入できる人

Adobe学生向けCreativeCloud

学生に限らず、創作でAdobe社のソフトを使っている方であれば、Adobe 学生向けCreative Cloudにきっと関心を持つことでしょう。

しかしAdobe 学生向けCreative Cloudは「学生向け」の名称からも分かるように、誰もが利用できるわけではありません。Adobe社が認定する教育機関に在籍する学生や教員のみが利用可能です。

未来のクリエイターを応援しようという思いで、Adobe社が優待価格を設定しているのですね。

Adobe学生向けCreative Cloudを申し込むメリット

Adobe学生向けCreativeCloud

ここまでの記事を読んでAdobe 学生向けCreative Cloudのメリットは理解してもらえたと思いますが、簡潔にまとめると値段がお得という点が最大のメリットです。

Adobe 学生向けCreative Cloudに相当する内容を通常価格で申し込むことは可能ですが、Adobe 学生向けCreative Cloudに比べればかなり高くつきます。

Adobe学生向けCreativeCloud

お得な値段でAdobe社のクリエイティブ商品をフル活用できるという点が、Adobe 学生向けCreative Cloudのメリットです。

社会人がAdobe学生向けCreative Cloudを利用する方法

Adobe学生向けCreativeCloud

しかし、社会人でも何とかしてAdobe 学生向けCreative Cloudを使いたいと希望している方は多いのではないでしょうか。

学生と偽って契約しようとしても、Adobeのチェックは厳しく、嘘の申告をしても申請途中でばれてしまいます。

ですが、諦めるのはまだ早いといえます。実は、社会人が適法にAdobe 学生向けCreative Cloudを使える裏技があるのです。

Adobe学生向けCreativeCloud

それは、Adobe社が認定する、アドビスクールパートナーのコースを受講することです。このコースではAdobe社の製品の使い方を学ぶことができます。

創作に関心がある人に役立つ内容を学ぶことができ、学んだ内容をAdobe 学生向けCreative Cloudで実践できるので、非常に効率的なコースだと言えます。

気になるのはコースの費用ですが、3万円台から受講できます。Adobe 学生向けCreative Cloudと通常版の価格差は3万円近くありますので、コースを受けてもお得になりますね。

コースの内容により値段は異なりますので、気になる方は調べてみてください。

Adobe学生向けCreativeCloud


ライター名 :杉田
プロフィール:小規模IT系企業の総務・経理を担当。最新のIT情勢から、これからの企業のあり方、インターネットと社会との関わりかたを俯瞰して見据える。

弊社サービス

関連コンテンツ